FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『SiCKO』

なんと云うか、これ、実話だって云うんだから、驚き!
の、一言につきる様な、内容ですが(笑)
真剣に考えさせられたり、笑わせられたり、と。
とてもシリアスな内容ながらも、息を着く間があったり、ほっとしたり、
解り易くて、観やすい映画でした。

日本の保険制度も、ずば抜けて云い、とは、思った事は、ありませんが。
アメリカは、更に凄い所だぁ…と、驚いてしまいました。

ホント、アメリカって、不思議な国、ですよね(笑)

この映画見て、
監督の、マイケル・ムーアって、アメリカの事、
好きなんだなぁ…って、感じました(笑)
スポンサーサイト

『キサラギ』

サスペンス風どたばたコメディ…ですかね。
なかなか、ノリもテンポも、良かったと、思います。

ちょっと、シリアスな感じになると、途端に、笑わせてくれるし。
息を飲んだり、笑ったり、と、楽しく見れました。

話の核を担っている、アイドル『如月ミキ』が、最後の最後になるまで、
顔が解らないって云う、演出も、面白くて、良かったし。
出演者五人の、個性豊かな演技も、面白かったです。

『TAXi 4』

お馬鹿で、乗りよく、テンポよく?!は、今まで通りで。
なかなか、笑わせてくれて、面白かったですが。
カーアクション的な部分は、ちょっと、減っちゃったかなぁ…と。
感じて、残念な気分、を、味わいました(泪)

あぁ、でも!!
通常モードから、お急ぎモードへの、車の切り替わりシーンは、
心躍らされる、良いシーンでしたよ!!
なかなか、カッコいいですよ~!!

『フロストバイト』

スウェーデンの、吸血鬼映画です。
多分、何で?とか、どうして?とか、
アレコレ、突っ込みたい所は、あったりするんですが(笑)

でも、そんなにグログロしいシーンも多くないし。
笑わせてくれたり、ドキドキさせてくれたり、と。
楽しめる、映画でした。

ラストは、えぇ?!どうなっちゃうの?!!って、感じなんですが。
ソレもまた、いい味になっている、気がします(笑)

『ブラッド』

吸血鬼アクション映画、かな?
吸血鬼もの、というより、アクション要素の方が、強い感じが、しますが。
ルーシー・リューが、格好いいので。
ソレでOK!!って人は、是非、観ましょう(笑)

話も解りやすいし、ドキドキするし。
そんなにホラー色も、強くないし、観やすい映画、かな?

ラストは、そうなの?!って、感じと、やっぱり!って感じが、半々、といった所ですかね。

『This is BOSSANOVA』

ボサノヴァの、生い立ちを探る旅をする、映画、かな。

ボサノヴァという音楽は。
世にに出始めてから、まだ、40~50年くらいで。
ボサノヴァ第一世代や、関係者達のインタビューをメインの、
ドキュメンタリーみたいな、感じの映画でした。

この映画を観ると、ボサノヴァが、聞きたくなります。

『プロヴァンスの贈りもの』

主人公の、思い出と現実を、行ったり来たりしながら。
忘れかけていた出来事や、思いを、思い出して、どんどんと、
雰囲気の変わって行く、主人公が。
見ていて、何となく、いい感じでした。

恋愛モノ、なんですが。
話のあちこちに、小技を効かせてあって、思わず、
にんまりしてしまいます(笑)

優しい気分の味わえる、なかなか良い映画、でした。

『消えた天使』

派手なアクションも、オーバーな話振りも、無いですが。
淡々と、先に進んで行く、その様は。
紛う事無く、サイコサスペンスだと、思います(笑)

途中から、もしかして…と、思い。
最後の方では、やっぱり!と、思う様な人物が、犯人でしたが。
人の狂気、バランスの崩れて行く心、など、ぞっとする様な、
雰囲気が、ありました。

映画を、観終わってみると。
邦題の、『消えた天使』は、なかなか名だな、と、思いました。
色々と、取り様がある、含みのある、タイトルに、思えました。

『トランスフォーマー』

カッコいい~~~~~~!!!!

友達に、こういう映画、好きそう、と、云われましたが。
好きなんてモノでは、ありません。
まさに、ガッツリ、ツボ突いてます(笑)

車や飛行機から、ロボットに、変身して。
更に、喋るんです!!
これ以上無いくらい、龍堂好みの、設定です(笑)
そう云うのが、好きな方は、行って損は、ありません!

実は、放送していたアニメも、結構、楽しみに、見ていたのでした(笑)

オプティマス・プライムは、カッコいいし。
バンブルビーは、良いヤツだし。
スポーツカーとか、軍用機とか、戦車とか、出て来るし。
もう、ホント。
それだけで、龍堂、幸せ!で、行った価値あり、な、映画です(大笑)

『レミーのおいしいレストラン』

言葉の通じない二人の、友情の話であり、
レミーと家族の、愛情の話であり、
諦めないで、頑張る事、勇気を持つ事、前を向いて、先に進む事、
等々、笑って泣けて、ドキドキして、と。
色々な要素のある、お話でした(笑)

レミーとリングイニの、二人三脚ぶりが、最初は、ちぐはぐだったのに。
だんだんと、様になって行く所とか。
お互い、言葉が通じないなりに、相手を思いやっていたり、
思い切り、すれ違ってしまったり、と。
どうなるのかな?とか、大丈夫かな?と、思わせる、楽しい話でした。

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』

『あぁ続き物なんだなぁ…』と、つくづく、感じる様になりました。
いえ、前回も、思ったんですけど。
話の繋がりとか、先への振りとか、続き物ならでは、だなぁ…と(笑)

今回も、随分と、重くて深刻な、雰囲気の話に、なってました。
うわぁ…と、思う部分も、あったりして、なかなか、楽しめました。

個人的には、最初の頃の、夜のロンドンを、ほうきで飛ぶシーンが、
とても気に入ってます。
あの、いかにもロンドン!って雰囲気が、とても好きです(笑)

この映画を観ると、
別に、悪い意味ではなく、原作を読みたく、なります。
映画としての、完成度は、良い、と思うんですが。
こう、やっぱり、何か、足りない気分、を、味わうんですよね(笑)

しかし。
龍堂の好む人物ってのは、どうして、長生きしないんですかね…(泪)

『ピアノの森』

一色まことの漫画が原作で。
今回は、少年二人の、出会いから別れまで、で。
思わず、その先は、原作を読もう!!と、思わされる、作りでした(笑)

心に生じる、葛藤とか、対抗心とか、心配とか、素直な気持ちとか。
少年らしい残酷さと、伸びやかさで、表現してあるし。
森の描写は奇麗だし、ピアノも良いし、音楽も良いし、
聞くのも、観るのも、楽しかったです。

それに。
子供達が、色々と、一生懸命で、可愛かったです。

プロフィール

龍堂 永利途

Author:龍堂 永利途
映画と運転が好きな、宵越しの金は持たない、江戸っ子です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

リンク

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。